法人が土地を貸した場合の税務



再挑戦 - livedoor Blog 共通テーマ

法人が土地を貸した場合の税務

権利金の認定課税

自社所有の土地を他人に貸し、建物を建てさせたときは、通常借地権が設定されます。

この場合、権利金を支払う慣行があるにもかかわらず権利金をとらないときは、権利金の認定課税が行われます。

ただし、,修療效呂硫然覆らみて、相当の地代を収受している、契約書において、将来借地人がその土地を無償で返還することが定められており、かつ、「土地の無償返還に関する届出書」を借地人と連名で、土地所有者の納税地を所轄する税務署長に提出している場合、のいづれかに該当する場合は、権利金の認定課税が行われません。

△両豺隋⊆尊櫃房け取っている地代が相当の地代よりも少ないときは、その差額分を借地人に贈与したものとして取り扱われます。

権利金を受け取っていないから、課税されない。

どうせ、税金で払わないといけないので、地代を安くする。

と言った・・・ことで課税されないようにすることは、逆に税務調査の対象になります。



ブックマークに追加する

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
☆ ランキング ☆
人気ブログランキング



FC2ブログランキング


にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ

にほんブログ村 経営ブログ ビジネスマナーへ
にほんブログ村 経営ブログ モチベーションへ